HOME > 業務内容 > 会社設立コンサルティング

業務内容

会社設立コンサルティング

会社設立おまかせパック

これから会社設立を考えていらっしゃる方、よくぞ決心しました。
おめでとうございます。あとは自分の夢にむかって突き進むだけです。

その前に、当然ですが会社を設立するという各種手続きをしなくてはいけません。
参考書等も市販されておりますので、自分で行うことも可能です。

しかし、ご自身でやるにしろ実費として合計242,250円ほどはかかります。その上に、これからの事業に集中して欲しい大切な時間・知力・体力を、不慣 れな書類作成や役所に行く時間(通常の方ですと1度でうまくはいかず何度も通うことが多いようです)に取られるのは残念なことだと思います。

会社設立にかかる実費の内訳

  • 定款印紙代40,000円
  • 定款認証代50,000円
  • 定款謄本代2,000円前後
  • 登記登録免許税150,000円(資本金の額による)
  • 会社謄本代1通1,000円(銀行提出等に必要)

では、会社設立を専門としている業者に頼むのはいかがでしょう。
ひょっとしたら弊社より安価な金額にてサービスを提供しているかもしれません。
でもそれでいいのでしょうか?
会社設立手続きには長けているのかも知れませんが、その後の会社運営のことを考えて、御社にあったオーダーメードのサービスを提供してくれている例は少ないのではないのでしょうか?

では、弊社では??
税理士としてその後もお付き合いさせていただくことを前提としているため、先々のとこを考え、御社にとっての最適の提案をさせていただいております。
そこに弊社が税理士だからこそできる会社設立コンサルティングサービスがございます。
具体的には以下の内容(一例)につき御社にベストなご提案をさせていただきます。

  • 会社の事業年度たる決算期をいつにするべきか。
  • 役員の任期は何年にするべきか。
  • 株主構成は、また、出資金額の割合はどうすれば良いか。 
  • 取締役会を設置した方がいいのかしない方が良いのか。
  • 会社の目的ってどんなことを書いておくと後々得になる?
  • 消費税の免税事業者になるにはどうすれば良いのか。
  • 代表者を2人おきたいがメリット、デメリットは。
  • 家族従業員は役員にした方が得?使用人にした方が得?
  • 役員になると賞与が経費にできないと聞いたことがあるんだけど、経費にできる方法は?そもそも役員になるメリットはあるの?
等々会社設立時において決めるべき事項・決めておいた方がいい事項が多々あります。

専門家集団たる我々が精一杯サポートさせていただきます。

会社設立コンサルティング費用:30万円(税込)のみ

会社設立コンサルティング費用は30万円(税込)のみでございます。
印紙代等会社設立に必要な諸経費はもちろん、定款作成・認証代行、登記書類作成・提出代行、官公庁届出書作成・提出代行すべてを含みます。また、現在は会社の登記簿謄本1通(1,000円)をサービスにてつけさせていただいております

また各種助成金の取得につきましても、専門家を無料にて紹介させていただきます。

このページのトップへ